ナース転職の特徴

2014.10.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

 

ナース転職の特徴は他の業界と少し異なっています。ナースは、資格保有者に対して、求人が多くいわゆる需要と供給のバランスがあっていません。そのため、ナース転職の特徴は、他の業界と比べると、求人者が少し有利であると言われています。現在、社会全体が不景気のため、希望する職種につけないと言う人が多々います。失業者も今までにないくらい率が高くなっています。しかし、ナース転職の特徴としては、それにあてはまらないのです。ナースの資格保持者は、若いうちは、総合病院などで、夜勤もこなしてバリバリ働く人が多いようです。しかし、結婚、出産を機に、そういったハードな職場から離れる人が多々います。勿論、産後1年でフルタイムで復帰する人もいるのですが、子供が小さいうちは、家で育児に専念したいと言う人も多く、子供が幼稚園・小学校やそれ以上に大きくなってからもう一度就職すると言う考えの人はよくいます。ここが資格の強みです。ナースは全体的に不足しているので、ブランクが長くても、仕事が見つかりやすいのです。勿論、総合病院などの大病院だと、新卒や若い方が有利であるということはあるようです。しかし、総合病院でも科によっては、ブランクの長いナースでも就職しやすいようです。また、個人クリニックなどを就職先に選んだ場合、希望通りの職につける人が殆どのようです。勿論、総合病院と個人クリニックだと、給料の差も大きいです。ただ育児と両立するとなると、仕事のハードさも全然違うのです。

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。