看護師求人状況の実態

2014.10.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

 

現在就職難で求人の状況はよくはありません。しかし看護師求人状況は良いと言えます。看護師は心と体のケアとサポートをして、生活環境と社会的な立場を総合的に判断して、患者にとって最適な医療環境を提供しなければならないため、看護師は求められるニーズが非常に高いです。そのため、看護師の求人に対する就職率は100%に近いです。看護師求人状況に対して、看護師はどこの病院や医療機関でも不足しており、特に救急病院などの最前線では看護師不足が問題となっていて就職率は良いのです。看護師資格を持っていれば転職には良いです。しかも高齢化が進み今後看護師の社会的必要性は今後も低下することは考えにくく、同時に病院をはじめとする医療現場では慢性的な看護師不足の状況にありますので、その他の求人と違い求人雑誌やハローワークなどでも簡単に見つかる可能性が高いです。ハローワークの求人は地域に限定されていますが、インターネットでの検索は広い範囲で就職先を見つけることが出来ますので、インターネットの就職サイトや病院のホームページの求人ホームから直接アクセスする人も増えています。看護師求人状況に対して不足している看護師を現場に送り込む医療・福祉系の転職サイトも次々に出てきています。それらのサイトで看護師の就職が決まれば就職祝い金などのかたちでお金が支払われます。採用した病院が成功報酬として内定した看護師の年収の20%程度の金額を成功報酬として支払い、その金額の中から看護師に還元される仕組みとなっています。

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。